各工程のプロフェッショナルたちが、
チームで個性ある

「建物づくり」を実践

分譲地ごとに営業、設計、施工管理がプロジェクトチームをつくり、用地仕入の段階から「この地域に家を建てるなら、どんなコンセプトで建てるか」をみんなで考えるのがシード平和の家づくりの特徴です。それぞれの専門性を活かしながら、「同じ家は、つくらない。」というスタイルのもと、1つの物件に向かい合っていく――。みんなが納得して動き、自然に助け合いが生まれる環境なので結束力も高まり、それがより良い作品づくりへとつながっていきます。

先輩インタビューinterview

若手社員にも積極的にチャンスを与え、その環境のもと大きく成長できるのもシード平和の特色です。実際に入社してからどのような仕事に取り組んでいるのか、先輩たちに話を聞いてみました。

  • 居内 裕樹

    INTERVIEW - 01

    相手の意見を傾聴し、想いやニーズを
    汲み取った上で最適な提案を行う。

    居内 裕樹

    IUCHI HIROKI

    営業職 2017年入社

    詳しく見る

  • 中嶋 彩

    INTERVIEW - 02

    心がけるのは、お客様の視点を忘れず、
    自分なりの工夫を入れた住宅デザイン。

    中嶋 彩

    NAKAJIMA SAYAKA

    設計職 2019年入社

    詳しく見る

  • 堂本 浩輝

    INTERVIEW - 03

    現場での実務を通じて日々勉強中。
    技能研修などサポート面も充実!

    堂本 浩輝

    DOMOTO HIROKI

    施工管理職 2020年入社

    詳しく見る

コミュニケーションと環境COMMUNICATION & ENVIRONMENT

  • 社内の雰囲気

    アットホームで風通しがよく、本人のやる気次第で年齢に関係なくチャンスが与えられます。案件ごとにプロジェクトチームを組み、プランニングから設計・施工・販売までを手がけるので、自然と部署間の交流も盛んになっています。

  • 社員交流イベント

    社員旅行のほか、花見、BBQなども開催。また、期毎に表彰式を兼ねた決算パーティーも行われ、親睦を深めています。

研修・教育体制を知る