SEED平和の教育ポリシーpolicy

一人前になるまで、
親身にフォロー。
一人ひとりに
寄り添った
研修体制

整えています。

シード平和では、外部研修を含め入社後1年間で320時間もの社員教育の時間を用意。入社直後に行われる「ビジネスマナー研修」をはじめ、経験年数などに応じ、各部門において専門性を高める様々な技能研修などを行います。

SEED平和の研修training

  • training

    ビジネスマナー研修

    名刺の渡し方、ビジネス用のメールの書き方など、社会人の基礎として重要なビジネスマナーを身につけます。

入社後のステップアップstep up

  • 営業職

    1年目は実務を経験しながら、自社で扱っている物件の工法研修・設備の仕様研修などを受けます。2年目からは、上司にフィードバックをもらいながら主体的に営業活動を実施。以降、キャリアとともに一人で業務を執り行い、必要に応じて技能研修を受け、住宅営業としての知見を広めます。

  • 設計職

    先輩社員のアシスタント的な立場ではありますが、1年目から図面作成などの実務を経験します。並行して、物件の工法研修・法規研修・図面作成・設備や建築用語などの研修を受講。2年目からは副担当として業務に関わり、3年目には主担当として一人で業務を問題なく進めていきます。

  • 施工管理職

    戸建、マンションとも1~5年かけて複数の現場で経験を積んでいきます。マンションは一棟あたりの工期が長いため、実務経験で差が出る部分を社内で開講されるアカデミー(工程、図面、CAD)でサポート。また戸建はユニットで業務を遂行し、キャリアを重ねた後はユニット内での報告&共有などの役割も担います。